日本にいても大好きなギリシャを楽しむために、ギリシャ旅行、ギリシャ神話、ギリシャ語、ギリシャの歴史、ギリシャの人々について紹介していきます

日本でもギリシャ

ギリシャのニュース ギリシャの政治

[ギリシャ難民問題]トルコへ難民を送還開始・・・これでいいの?

投稿日:




いよいよ、

ギリシャとトルコの間で難民の送還が始まりました。

これ以後、ギリシャに船で渡ってきた難民たちは、

強制的にトルコ側に送還されることになります。

結局EUは難民問題に有効打が見出せず、

導き出した解決法は、

「トルコに戻ってもらう」

という選択。

これでいいの?難民保護は大丈夫?

4月4日から送還スタート

ギリシャとトルコで先に合意した通り、

ギリシャにボートで渡ってきた難民たちは、

強制的にトルコに送り返されることになりました。

4月4日からこの措置が正式にスタート。

すでに強制送還の第1陣はトルコに送り届けられたようです。

ギリシャ、トルコへの難民送還を開始

ギリシャ当局は4日、自国に流入した移民・難民をトルコへ送り返す措置に着手した。欧州連合(EU)とトルコが先月結んだ合意に基づく送還の第1陣として、船に乗った数百人がギリシャのレスボス島を後にした。

4日早朝にトルコのディキリへ向けて出港したフェリーは計3隻。国連の当局者によると、送還に当たっては1隻につき125人が乗船する予定だという。送還される移民・難民の国籍などは明かされていない。CNNが取材したところ乗船者は男性のみで、女性や子どもの姿は見られなかった

・・・・・・・・・・・・・・

現在シリア内戦などを逃れて欧州に流入した移民・難民の数は100万人を突破し、第2次世界大戦以後で最大の規模に膨れ上がっている。この急増に歯止めをかけるべく、EUとトルコは、先月20日以降ギリシャに海路で不法入国した移民・難民をトルコへ送り返すことで合意。一方でトルコに再定住した難民については、欧州側が受け入れるとした。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

また国際人権団体アムネスティ・インターナショナルは、今月1日に発表した報告書で、トルコが国内の移民・難民をシリアへ強制送還していると指摘。「トルコはシリア難民にとって安全な国ではない。国境を閉ざしたいEU首脳は、この事実をあえて無視している」と両者の合意を非難した。

migrant-eu-deportation

う〜ん、

難民保護の観点から、これで本当にいいのか・・・

アムネスティの指摘する通り、

シリア難民が、トルコから強制的にシリアに戻されているとしたら、

人道的に大問題ですよ! これはひどい!

戦乱を逃れて必死に逃げてきた人たちを、また戦場に戻すなんて・・・

これでEUは、もう難民が来ないから一安心・・・

なんて思ってるとしたら、やはり大問題だと思う。

でも、早々に国境を閉鎖した国々は、やっぱりそう思ってるんじゃ?

http://irenekitakami.sunnyday.jp/%E3%82%AE%E3%83%AA%E3%82%B7%E3%83%A3%E9%9B%A3%E6%B0%91%E5%95%8F%E9%A1%8C%E3%83%9E%E3%82%B1%E3%83%89%E3%83%8B%E3%82%A2%E5%9B%BD%E5%A2%83%E3%81%A7%E6%B7%B7%E4%B9%B1%E3%81%AF%E7%B6%9A%E3%81%8F%E3%83%BB/

スポンサーリンク

UNHCRも措置に反対

このEUとトルコの決定には、

国際的に反発が強まっています。

難民高等弁務官事務所(UNHCR)も、非難を表明しています。

<難民送還>険しい表情再びトルコへ EU、混乱避け早朝に

【レスボス島(ギリシャ東部)三木幸治】欧州連合(EU)とトルコ政府は4日、ギリシャに密入国した「違法な移民」に対し、フェリーでトルコへの強制送還を始めた。EUの難民政策の転換点となる措置が実行に移された。EU側には欧州に押しよせる難民らの流入に歯止めをかける狙いがあるが、国連難民高等弁務官事務所(UNHCR)は「ギリシャでは難民らが『拘束』されている」と批判している。

祖母がトルコから渡ってきた移民の家系だという島民のイレーネ・ボルカさん(47)は「大変な思いをしてボートで渡ってきたのに、また戻されるなんて」と悲しそうに語る。

シリア内戦の長期化などを受けて、昨年欧州に到着した難民は100万人以上。8割がトルコからギリシャ経由で北上する「バルカンルート」を使った。トルコから近いレスボス島は「EU」の玄関口だった。

だがEUとトルコは、難民の流入に伴う各国世論の悪化を受け、3月20日以降にギリシャに不法入国した「移民」について強制送還することを決めた。

・・・・・・・・・・・・・・・・

移民の警備は、EUの機関「欧州対外国境管理協力機関(FRONTEX)」が担当。職員はフランスやバルト3国の警察官たちで、移民1人に職員1人がつく厳重さだ。この日、レスボス島から送還された131人の多くはパキスタンやバングラデシュ国籍。経済移民とみられ、本国に強制送還される可能性が高い。トルコに向かってフェリーが遠ざかっていく。彼らの暮らす場所は一体どこにあるのだろう。

う〜ん、切ない。

やっぱり、EUの冷たさが目につくんですよ。

シリア地域を不安定にした責任は、あなたたちにもあるでしょうに。

もし、日本が戦乱に巻き込まれたら・・・

やっぱり外国が助けてくれるのなんて、期待できないのかな、

なんて思ってしまう。

まだまだ混乱は続く

こうして、トルコに強制的に帰すなら、

トルコ国内できちんとした難民保護が行われるのが前提ですけど、

そこがきっちりしていないから大問題ですよね・・・

EUが、とにかく自分のとこに来てほしくないから、

トルコとギリシャに押し付けちゃってるようにしか思えません。

各国の首脳がよくよく考えて、解決策はこれ?

難民みたいに弱い立場の人たちの声は、

やっぱり無視されてしまうんだな・・・と虚しくなります。

誰も難民になりたくてなる人はいないんですから、

早くシリア地域を安定させ、平和的に解決を進めていくことを願ってやみません。

にほんブログ村 旅行ブログ ギリシャ旅行へにほんブログ村 外国語ブログ ギリシャ語へ



-ギリシャのニュース, ギリシャの政治
-,

Copyright© 日本でもギリシャ , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.