当ブログは広告を掲載しています

『ヒストリエ』読まなきゃ!

マンガ『ヒストリエ』はアレキサンダー大王の書記官が主人公!

今回ご紹介したいのは、

岩明均作

『ヒストリエ』

このマンガは、とっても珍しいことに、

アレキサンダー大王の書記官が主人公!

古代ギリシャのマケドニアが舞台のマンガなのです!

世界史を塗り替えた天才アレクサンダー大王、その影には敏腕書記官の姿あり?!

あっと驚く新解釈で、古代世界を斬新に描きます!

歴史好きもギリシャ好きもハマる壮大なストーリーなので、

興味ある方はぜひ一度読んでみていただれば嬉しいです。

ただ、グロ描写がわりと多いので、苦手な方は注意してくださいね!

マンガ『ヒストリエ』はアレキサンダー大王の書記官・エウメネスが主人公!

というわけで、

岩明均作

『ヒストリエ』

のご紹介です!

このマンガが画期的だなと思うのは、

主人公がかの有名なアレキサンダー大王

・・・ではなくて、

その書記官だったエウメネスが主人公

なのです。

これまで、彼が主人公だったマンガはもちろん、小説でもあったか?

というくらい、歴史上マイナーな人物。

よくぞこの人を選んでマンガを描こうと思いましたね!

このエウメネスという人は、

プルタルコスの『対比列伝』にも出てくる実在の人物なのですが、

実は詳しい出自などは伝わっていません。

故郷はギリシャのカルディアですが、どういう理由か故国を離れて、

マケドニアのアレクサンドロス3世(アレキサンダー大王)に仕えていたそうです。

そこで、このマンガでは思い切った創作を加えて、

エウメネスが実はスキタイ人

という設定になっています。

スキタイ人というのはユーラシア大陸に広く居住していた遊牧民族で、

ギリシャ人とは北部トラキアでその居住地域が接していました。

エウメネスはとある理由があってギリシャの都市カルディアで育てられましたが、

その出自のためにカルディアにいられなくなって、マケドニアで仕官した、

という壮大な幼少時代のストーリーを作り上げています。

こういう独創的なストーリーになっていますので、

今まで読んだことがないような古代ギリシャ世界を描いたマンガになっています。

エウメネスがマケドニアの王宮に仕官するようになった頃、

かの偉大なアレクサンダー大王はまだ少年時代、という設定!

知られざる大王の少年時代が、大胆なストーリー展開で繰り広げられていきますよ!

マンガ『ヒストリエ』の作者は「寄生獣」の岩明均

そんな、歴史上では謎に包まれた人物である

アレキサンダー大王の書記官エウメネス

を主人公にして作り上げられたのが、このマンガ

『ヒストリエ』

なのですが、

圧倒的な想像力を駆使してその世界を描き上げているのは、

マンガ『寄生獣』

でその名を知られる、岩明均さんです。

この作品は、染谷将太さん主演で映画化もされるなど、

今でも人気の作品ですよね。

このマンガも、人体に寄生生物が宿っちゃうなんて、

通常の人間には考えられないような突飛な発想ですよね。

やっぱり岩明均さんの想像力って、途方もないものがありますね! 

さすが、人気作家さんだけあります。

でも、この『寄生獣』って、すご〜くグロいので、実は私は読んだことありません。

そして実は、この『ヒストリエ』にも必要以上にグロいシーンがよく出てきます。

グロが苦手な方は要注意!

私もグロは苦手なのですが、お話が面白いので、

グロいシーンはさささっと飛ばしながら読んでいますよ。

ま、グロはさておき・・・

そんな人気漫画家である岩明均さんが、

長いこと構想を温めていて書き始めたのが、このマンガ

『ヒストリエ』

ということなんです!

一度読んでみると、壮大な構想に基づいてこれまでに見たことないドラマが繰り広げられている、

とすぐに分かる力作です!

マンガ『ヒストリエ』の中のギリシャ

そしてこのマンガは、

アレキサンダー大王の書記官が主人公ですから、

多くの皆さんが歴史の授業で習った

古代マケドニア王国が舞台

のマンガということになります。

このマケドニア王国ですが、

マケドニアはもともと民族としては同じギリシャ人

と言われています。

そしてギリシャの有力都市アテナイ(現在のアテネ)とライバル関係ですので

当然ながらたくさんギリシャネタが出てきます。

哲学者アリストテレスも登場!

まず、主人公のエウメネスの出身地(育った場所)は、

アテナイの植民市だったカルディア

そして、古代ギリシャの知の巨人

哲学者アリストテレス

が登場し、アレクサンダー大王と、その学友たちをミエザの学園で教育してます。

これは歴史上よく知られているエピソードですが、哲学者アリストテレスはアレクサンダー大王の家庭教師だったんですよね!

それにしても、哲学者アリストテレスが登場するマンガなんて、滅多にありませんから面白いですよね。

このマンガで気になったら、ぜひアリストテレス先生のご本も読んでみてくださいね!

カイロネイアの戦い

そして、このマンガでは一通り、歴史上の戦いも登場してきます。

まずマケドニア王国は、当時覇権を争っていたアテナイとついに激突!

かの有名な

カイロネイアの戦い

へと突入します。

史実では、アレクサンダー大王のデビュー戦です。

まだ少年だったアレクサンダーの活躍もあって、マケドニア王国がアテナイを打ち破るんですが、

このマンガでは主人公エウメネスの活躍も期待できますね!

そして、このときアテナイ側の反マケドニア派の筆頭として、

弁論家・デモステネス

も登場します!

デモステネス像

ギリシャを代表する弁論家デモステネスも、日本のマンガに登場するなんて前代未聞かも?

というわけで、マケドニアとアテナイの対決は、息詰まる展開へ!

史実とフィクションが絶妙にブレンドするこのマンガの世界は、歴史がわかっていても次の展開が読めない意外性がたっぷり!

どんな読者でも楽しめる内容になっていますよ!

マンガ『ヒストリエ』でアレキサンダー大王の書記官・エウメネスの活躍をぜひ読んでね!

ということで、

アレキサンダー大王の書記官が主人公!

というとっても貴重なマンガ、

岩明均作

『ヒストリエ』

について、ご紹介しました!

古代ギリシャのマケドニアが舞台のマンガなんで、これまで例がなかったのではないでしょうか。

歴史好きもギリシャ好きもハマる壮大なストーリーなので、

興味ある方はぜひ一度読んでみてください!

ただ、本当にグロい描写が多いので、苦手な方は注意して読んでくださいね!

『ヒストリエ』現在第9巻まで刊行中!

さてそんな、古代ギリシャ世界が舞台のマンガ

『ヒストリエ』

2003年から連載を開始して、

現在第9巻まで刊行されています(*2016年時点。現在も続刊刊行中!)

ストーリーは、いよいよ、

カイロネイアでの大決戦

が始まろうとしているところです!

結末が分かっていても、ドキドキするところなのですが・・・

この「ヒストリエ」って、なかなか続きが刊行されないんですよね・・・

連載が始まってすでに13年目(!)なのですが・・・

いまだに9巻までしか出ていない!

(*2016年現在)

という時点で、その遅さが分かりますが・・・

マンガの中では、まだアレクサンドロスもエウメネスも10代の若者。

このあと、アレクサンドロスの東征、死、その後のディアドコイ戦争までお話が続くとしたら・・・

確実に後10年はかかりますなあ・・・

ひょっとしたら20年続くかも?!

というわけで、気長〜に読み続けたいと思います!

ギリシャ好きだけじゃなく、歴史好き、岩明均ファン、みんな楽しめるマンガだと思うので、ぜひ読んで見てくださいね!

*でも、グロ注意ですよ!グロ苦手な方にはお勧めしません!

追記:『ヒストリエ』第10巻も発売です!

このマンガ『ヒストリエ』

は・・・第9巻刊行から2年近く経過して・・・

やっと第10巻まで刊行されました!

こちらも面白かった!!

でも、本当〜〜〜〜に、なかなか新刊が出ない!!

は、早く、続きが読みた〜〜〜〜〜い!

*「ヒストリエ」の最新第10巻について詳しくはこちらの記事をどうぞ!

>>「ヒストリエ」第10巻6つの注目ポイント解説!

追記:第11巻もやっと発売です!

そして、待ちに待ってやっと第11巻刊行!

あ〜・・・長かった・・・

『ヒストリエ』 11巻

この11巻では、まだアレクサンダー大王は「王子」のまま。

でも、この王子の運命を左右する人物も登場し、このあと急展開が待っている?!

は、早く12巻読みたいけど・・・

続きはいつ出るか・・・・・・・・

気長に待ちましょう!

*「ヒストリエ」の最新第11巻について詳しくはこちらの記事をどうぞ!

>>『ヒストリエ』第11巻ついに発売!パウサニアスっていったい誰?

-『ヒストリエ』読まなきゃ!
-, , ,