日本でもギリシャ

日本にいても大好きなギリシャを楽しむために、ギリシャ旅行、ギリシャ神話、ギリシャ語、ギリシャの歴史、ギリシャの人々について紹介していきます

ギリシャ神話 日本語の中のギリシャ語

「ハーモニー」はギリシャ神話とつながってる!

さて、日本語の中でおなじみになったギリシャ語について、

「えっ、これってギリシャ語だったの?」と驚いて頂きたい、というコーナーです。

皆さんは、美しい「ハーモニー」お好きですか?

合唱団などの美しいハーモニーを聴いていると、心が洗われるようですよね。

そんな「ハーモニー」もギリシャ語だったって、ご存知ですか?

By: mari

「ハーモニー」は「ハルモニア」

「ハーモニー」も、英語の harmony が日本に取り入れられて、

今や日本語として定着したと言っても過言ではないくらいに日常的に使われている言葉です。

そんな「ハーモニー」を日本に伝えた英語の harmony は、

ギリシャ語の「ハルモニア」(ἀρμονία)が語源なのです。

もともとの意味は、

何かがしっかりと締まっている様、その道具、を指します。

そこから、船などの「継ぎ目」を指していて、

「枠組み」という意味もありますが、船などの継ぎ目がしっかりしまって、枠組みがしっかりしてる様子を思い浮かべると、分かりやすいかもしれませんね。

そこから音楽の方にも使われて、

「楽器の弦を張ること」、そして「音楽」そのものも指し、

そして、英語の harmony の意味に近いように、

音程の調和がとれている様も表しています。

ギリシャ神話の「ハルモニア」

この「ハルモニア」は、ギリシャ神話にも登場してくるんですよ。

調和の女神「ハルモニア」として、神格化されています。

その他に、

ヘシオドスの『神統記』では、

アプロディテと軍神アレスとの間の娘

ということになっています。

このハルモニアは、

やがてテーバイの建設者であるカドモスの妻になったということですよ。

二人の間には、アウトノエ、イノ、アガウエ、セメレという四人の娘たちと、

ポリュドロスという息子ができました。

彼らはそれぞれ神話上でも名高い人物なので、詳しくはまた別の機会に。

話をカドモスとハルモニアに戻すと、

二人はのちにイリュリアの支配者となって、息子イリュリオスが生まれたそうですが、

最後にはなんと二人とも、大蛇に変えられてしまった、

という不思議な神話が残されています。

180px-CadmusHarmoniaEvelynMorgan
イーヴリン・ド・モーガン「カドモスとハルモニアー」 (1877年)

神聖なるハーモニー・・・

というふうに、神話の「ハルモニア」は何やらミステリアスな存在ですが、

美しく調和した声を聞くと、今でも神聖な気持ちになってしまいますよね〜

有名なところで言えば、

ウィーン少年合唱団なんて、ほんと美しいですよね。

それと、最近日本でも人気が出てきた、

イギリスの少年合唱団・リベラ!!

フィギュアスケートの浅田真央ちゃんとのコラボで、日本でも大注目です!

こちらのエキシビションは、東日本大震災の犠牲者への鎮魂の願いを込めて、作り上げられたそうです。

リベラの美しいハーモニーと、

真央ちゃんの天女のような舞を見ていると、何やら涙が・・・

これも女神「ハルモニア」のなせる技かもしれません!?

次に何か美しい「ハーモニー」に触れた時には、

そんな神話をちょっと思い出してみてくださいね!!

にほんブログ村 旅行ブログ ギリシャ旅行へにほんブログ村 外国語ブログ ギリシャ語へ



-ギリシャ神話, 日本語の中のギリシャ語
-