日本でもギリシャ

日本にいても大好きなギリシャを楽しむために、ギリシャ旅行、ギリシャ神話、ギリシャ語、ギリシャの歴史、ギリシャの人々について紹介していきます

ギリシャ料理 ギリシャ旅行 ギリシャ物産

ギリシャの「フェタチーズ」って何?

2018/02/05

ギリシャ料理に欠かせないもの、

それはなんといっても、

フェタチーズ!!

でも、あまり日本人にはなじみがありません。

一体どんなチーズなの? 日本のスーパーで売ってるようなチーズと、どう違うの?

と疑問に思う方も多いかもしれません!

というわけで、本日は、フェタチーズ特集です!

ギリシャ人のこよなく愛するチーズ、ご紹介します!

Hans / Pixabay

ギリシャ料理にはフェタチーズ!


ギリシャに行くと、遅かれ早かれ、

必ず「フェタチーズ」の洗礼を受けます。

なぜなら、代表的なギリシャ風サラダには、通常こんな風に、

「どーん!!」とフェタチーズが乗っているのです。

baklava / Pixabay

こういう風に、生野菜にフェタチーズが載っているサラダを、

英語では「Greek Salada」(グリーク・サラダ)と言って、ギリシャでもたいがいこれで通じますが、

ギリシャ語では、これを「ホリアティキ・サラタ」(χωριάτικη σαλάτα)と呼びます。

日本語に訳すると「田舎風サラダ」という意味になります。

「フェタチーズ」自体にかなり塩分が強いので、サラダはこの「フェタチーズ」が載っていれば塩はかけなくてもいいくらいです。

この「ホリアティキ・サラタ」(χωριάτικη σαλάτα)、おいしいんですよね〜!!

ギリシャの新鮮な野菜とフェタチーズ、最強の組み合わせです! ギリシャに行ったらぜひ一度どうぞ!

たいがい、どんなタベルナでもメニューに乗っています。

というか、メニューに無かったところを知らないくらい、ギリシャの代表的なサラダなんです。

そして、「フェタチーズ」はサラダに乗せて食べるほか、単品でも食べますよ。

ギリシャの代表的なお酒「ウゾ」のおつまみにしたりするにも、塩気がぴったりなんです。

あるいは油で揚げて一品料理にしたり、とギリシャの食卓には欠かせない食材が、この「フェタチーズ」です。

ちなみに、油で揚げると「サガナーキ」という料理になります!

「サガナーキ」はフェタチーズ以外にも、ギリシャでよく使われるチーズならなんでも、

小麦粉で衣をつけて、多めの油で揚げ焼にしたものです。

ギリシャではとてもポピュラーな料理ですので、これもぜひ一度試してみてくださいね!

*「サガナーキ」について詳しくは、こちらの過去記事をどうぞ!

[ギリシャ料理]「サガナーキ」はチーズのフライ!

ヤギのミルクのチーズ!

では、このギリシャ人の大好きな「フェタチーズ」って一体何でできてるのかというと、

ヤギのミルクでできています!

(羊のミルクでもOK)

ですので、独特の臭みがあります。

ヤギの匂いに慣れていない日本人にとっては、慣れるまではちょっと気になるかもしれません。

でも、慣れてしまえば、口の中でほろほろとほぐれていく独特の食感に、

病みつきになること間違いありません!

かたまりで見ると硬そうですが、

実際はフォークでちょっと突っつけば、ポロポロと崩れていく

そんな繊細なチーズなんですよ〜

DIOBRLN / Pixabay

このあっさりとした食感は、例えばフランスのカマンベールみたいに、クリーム状にねっとりとしたものと、対極にあるチーズと言えますね!

どちらを好むかは、個人差があると思いますが、

不思議とギリシャ料理には、このフェタチーズの風味がぴったり!

私も今ではギリシャ料理というと、このフェタの独特な匂いが思い出されるくらいです。

フェタの匂いを嗅ぐと、「あ〜ギリシャだな」と連想するくらい、このチーズはギリシャ料理と切っても切り離せませんね!

チーズといえばフェタ!


そんなふうに、まさに、ギリシャという風土にぴったりなこのフェタチーズ、

ギリシャ国民にこよなく愛されておりまして、

ギリシャでチーズといえば、たいがいはこの「フェタチーズ」が出てきます。

料理に使われるチーズもたいがいこのフェタチーズですから、

これもまたギリシャ人の大好きなチーズのパイ

ギリシャ語で「ティロピタ」(τυρόπιτα)にも、たっぷりとフェタチーズが入っています。

いや、「ティロピタ」だけじゃなくて、これもギリシャ人の大好物の

ほうれん草のパイ

ギリシャ語で「スパナコピタ」(σπανακόπιτα)

にも、実はフェタチーズがたっぷり入っています。

私は、野菜も摂りたいので、こちらの「スパナコピタ」を頼むことが多いです。

しかも、ギリシャのほうれん草って、日本のと違って、野性味あふれるというか、「草」って感じがするような味でして、これがフェタチーズとよくからむんですよね〜

と、いうふうに、ギリシャではフェタチーズは避けて通れませんので、

もしどうしてもこの匂いが嫌いだ、っていう人には、ちょっとギリシャ料理はツライかも・・・

日本人だと、ヤギや羊の匂いに慣れていない方が多いですから、最初は戸惑う方も多いかと思います。

でも、食べ慣れればおいしくなりますから、食わず嫌いをしないで、ぜひ食べてみて欲しいですね!

慣れてくると、病みつきですよ〜

「あ〜、フェタチーズ食べたいな〜」って思うようになりますから!

日本でも手に入るフェタチーズ

そんな「フェタチーズ」、日本ではなかなか馴染みがありませんので、

そこらのスーパーで気軽に買えるものではありません。

実際、なかなか売っていないんですよね〜

しかし!!

「成城石井」みたいな高級スーパー系だと置いてあったりします。

「フェタチーズ食べたいな〜」と思ったら、こういうスーパーをのぞいてみてくださいね。

そして!! 便利な時代になったな〜

今は、ネット通販でも気軽に買えるようになってきました!

でもまあ、ギリシャ国内の値段に比べると、日本で買うと結構高いですね〜

だいたい100gで400〜500円くらいはするでしょうか。

ううう。高い。

でも、毎日食べるものでもなし、たまにギリシャ料理が食べたくなった時にでも、いかが?

こちらは400g入ったタイプ。これなら家族で食べられますね!

FETA ギリシャ フェタ チーズ 400g

ただ、この「フェタチーズ」は結構クセが強いチーズなので、これまでフェタを食べたことがない人は、いきなり大きなサイズに挑まず、まずは小さなサイズから挑戦してみましょう!

そうですね〜200g入りくらいから試してみるといいですね!

こちらは200g入り。お試しにどうぞ!

フェタ 200g ギリシャ

家で作るなんでもないグリーンサラダでも、この「フェタチーズ」を乗せてオリーブオイルをかければ、

「本格ギリシャ風」に早変わり!!

ぜひ一度試してみてくださいね〜

というわけで、ギリシャ国民のソウル・フード

「フェタチーズ」についてでした!

病みつきになること間違いなし!のギリシャのチーズ、ぜひ日本でも楽しんでくださいね!

*この記事に興味を持った方は、こちらもどうぞ!

コストコでギリシャ・ヨーグルト1kg入り、購入〜!

ムサカはギリシャ料理の王様だ!

ギリシャで串焼き?!それはスブラキというものです。

古代ギリシャ人もウナギが大好きだった!!

[ギリシャ料理]「イエミスタ」はピーマンのピラフ詰め!ウマイ!



-ギリシャ料理, ギリシャ旅行, ギリシャ物産
-, ,