日本にいても大好きなギリシャを楽しむために、ギリシャ旅行、ギリシャ神話、ギリシャ語、ギリシャの歴史、ギリシャの人々について紹介していきます

日本でもギリシャ

ギリシャのスポーツ

ギリシャ系テニス選手キリオス、全豪3回戦で敗れる

投稿日:

こんばんは、イレーネです。

現在行われているテニスの全豪オープン、

日本の錦織圭選手が、準々決勝へ駒を進めましたね!!

次はいよいよジョコビッチ戦!!

昨年の全米オープンのように、ぜひ強敵を倒して優勝を目指して欲しいものです!!

そんな一方で、先日もご紹介しましたが、

注目のギリシャ系テニス・プレーヤー、

ニック・キリオス選手

(国籍はオーストラリア、父親はギリシャ人)

こちらも3回戦まで駒を進めまていましたが、

3回戦で世界ランク6位のトマーシュ・ベルディハ(チェコ)と当たり、

3−1で惜しくも敗退しました。

ベルディハが6年連続全豪16強、地元キリオスを退ける

全豪オープンテニス(Australian Open Tennis Tournament 2016)は22日、男子シングルス3回戦が行われ、大会第6シードのトマス・ベルディハ(Tomas Berdych、チェコ)は6-3、6-4、1-6、6-4で第29シードのニック・キリオス(Nick Kyrgios、オーストラリア)を退け、4回戦に進出した。

全豪で過去に2度のベスト4入りを果たしているベルディハは、感情をコントロールできない20歳のキリオスを相手に終始冷静さを保ち、ロッド・レーバー・アリーナ(Rod Laver Arena)で勝利を収めた。

img_20bf7cd9c96dcd82ccf2ce03a995b36b122500

残念でした〜!

まあまだ若干20歳ですからね。

それでこんな大きな大会で、3回戦まで進んできているのも、大したものです。

現在世界ランク30位。

今年はさらに躍進を見せてくれそうです。

と、そのテニスの才能は疑いないのですが・・・

悪名高い、キリオスの激しい性格、今試合でもいかんなく発揮されたようです!

もはや大会名物になりそうな勢い(笑)

試合中、かなり激しく審判に抗議したりしてたそうです。

いや〜、そのうち、退場処分とかにされなきゃいいけど・・・

ビッグサーバーのベルディハは、試合中に何度も審判と口論になり、独り言が激しかったキリオスのサーブを3度ブレークすると、ほとんどのラリーで打ち勝ち、ウイナーも44本を記録した。

一方、昨年の全豪で準々決勝まで勝ち進む快進撃をみせたキリオスは、2度のブレークに成功した第3セットを奪い、地元の観衆に逆転の期待を抱かせたが、ベルディハが第4セットを制して決着をつけた。

img_fa683dc4af0db0581b43d9ff09abe2ed125547

img_9b5653e30514f6e47c026708e8657a47131879

ん〜、結構アツく抗議してるみたいですね!

でも逆に、あれですよ・・・

この感情をコントロールする術を身につけたら、キリオスはものすごい成長を遂げるかもしれない・・・

素質はもともと素晴らしいものを持っていますからね。

テニスの世界は実力がないものが勝ちあがれるほど甘くはないから、

逆に言うと、ここまで勝ち上がってくるというのは、キリオスの実力は凄いんです。

あとは感情のコントロールだけ・・・!!

そこを頑張れば、世界のトップに立つ日もくるかも!?

・・・と、期待も持てるのですが、

ギリシャの熱い血を引くキリオスくん、そんなことができる日が来るのかな・・・?

とも思ったり。

ともあれ、今後の成長が楽しみな選手です!!

にほんブログ村 旅行ブログ ギリシャ旅行へにほんブログ村 外国語ブログ ギリシャ語へ



-ギリシャのスポーツ
-,

Copyright© 日本でもギリシャ , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.