日本にいても大好きなギリシャを楽しむために、ギリシャ旅行、ギリシャ神話、ギリシャ語、ギリシャの歴史、ギリシャの人々について紹介していきます

日本でもギリシャ

ギリシャの有名人

ギリシャの海運王 アリストテレス・オナシス

投稿日:




昨日、ギリシャを、そして世界を代表する大オペラ歌手

マリア・カラス

についてご紹介しましたので、

そうしたらやはりこの人の話をしなければならないでしょう

ギリシャの海運王 アリストテレス・オナシス!!

220px-Aristotle_Onassis

 

 

 

 

 

 

長年マリア・カラスと愛人関係にありながら、

裏切ってジャクリーン・ケネディと結婚し、

カラスを失意のどん底に突き落とした男です

アリストテレス・オナシス(Αριστοτέλης Ωνάσης)は、

1906年現在のトルコ領イズミルで生まれました。

このイズミルは、古代からギリシャ人が居住していたスミルナと呼ばれていた場所で、

オスマン帝国時代もそのまま居住していましたが、

やはり第1次大戦後のオスマン帝国の崩壊により、ギリシャ軍が攻め込み、

それを現在トルコの建国の父ケマル・アタテュルクが押し返し、

紛争地帯となってしまいました。

そのため、オナシス一家は移民せざるを得なくなり、

ギリシャ本土へ渡って行ったそうです。

エリア・カザンもそうでしたが、この時期、多くのギリシャ人が

紛争を逃れてトルコ領から移民して行ったのですね。

その後、1923年、オナシス17歳のときに、

難民パスポートを持ってアルゼンチンに渡航。

そこで、タバコの輸入で成功し、海運業へと進出。

やがてこの海運業は規模を拡大し、オナシスは世界に名をはせる海運王となっていきます。

このようにキャリアが順調に伸びたのは、

1946年にギリシャの海運王として知られたスタブロス・リバノスの娘

アシーナと結婚したのも一因のようです。

結婚当時アシーナは17歳、対してオナシスは40歳。

政略結婚の匂いがするな・・・

そのせいかどうか知りませんが、

1957年にヴェニスでマリア・カラスに出会うと、二人は愛人関係となり、

1960年にはアシーナと離婚してしまいます。

img_2

 

 

 

 

カラスとオナシス

 

しか〜し!

オナシスはこれでマリア・カラスと結婚するかと思いきや、

1968年にはジャクリーン・ケネディと結婚してしまうのです!

なんで〜?!

まあ、どちらも巨額の財産を持っている同士ですから、政略結婚の匂いがするな・・・

そのせいかどうか、結局この夫婦もあまりうまくいっていなかったようです。

しかもオナシスは・・・

ジャクリーンとの結婚後も、カラスとの関係を続けていたそうです!

え〜、マリア・カラスほどの女性でも、

そうまでされてもこの男にしがみついたんですか?!

とつい、思ってしまいますが、それほどまでにカラスはオナシスを心から愛していたのでしょうね・・・

出回っている写真はいいおっさんになってからのものばかりですが、

若い頃は結構イケメンだったみたいですし

170px-Onassis-1932

 

 

 

 

 

オナシス 26歳当時

 

金持ちのプレイボーイのギリシャ男・・・

最強かもしれません。

人間的にも魅力にあふれた男性だったのかもしれませんね。

マリア・カラスが生涯唯一愛し続けた男性と言われる

アリストテレス・オナシス

その魅力は今では想像するしかありませんが、

今でも常にカラスと共に語られ、ギリシャの海運王として人々の記憶に強く刻まれていることは間違いありません。

しかし、現在ではギリシャの海運業もすっかり斜陽産業で、

再びこんな華やかな富豪が登場することはないのかな〜・・・

と、それも寂しく思わせられる、そんなオナシスの人生ですね。



-ギリシャの有名人
-, ,

Copyright© 日本でもギリシャ , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.