日本にいても大好きなギリシャを楽しむために、ギリシャ旅行、ギリシャ神話、ギリシャ語、ギリシャの歴史、ギリシャの人々について紹介していきます

日本でもギリシャ

ギリシャの基本情報 ギリシャの政治 ギリシャ観光

ギリシャを揺るがす難民問題・・・コス島の場合

投稿日:




昨日の続きで

ギリシャでは難民問題が深刻

という話

日本ではあまり報道されませんが、エーゲ海のトルコ寄りのギリシャの島々は、今押し寄せる難民に苦慮しています。

シリア難民:ギリシャのテント村「過酷な生活 動物以下」

◇リゾート地コス島に4000人 長期化で住民も不満

 エーゲ海に浮かぶギリシャ東部のリゾート地、コス島にドイツを目指すシリア難民らが押し寄せている。人口わずか約3万3000人の島に難民・移民は約4000人。中心都市コスにはギリシャ本土に渡るための登録書類を待つ難民らの「テント村」が出現し、「難民の島」と化している。観光産業への影響が尾を引く中、政府や地元自治体の対応の遅れに市民から不満の声も出始めている。

・・・・・

 手をこまねく当局の対応に不満を募らせる市民もいる。母親の経営するレストランを手伝うマリオス・バリナキスさん(38)は「財政危機の資本規制に加え、観光客の減少でレストランの収入は4〜5割減だ。難民・移民に無料で食事を提供してきたが、流入人数が増えても政府、自治体が何もしない現状に不安になってきた」と胸中を吐露した。

20150912k0000m030112000p_size8

 

 

 

 

 

・・・・・・・

廃墟ホテルにあふれる難民たち、ギリシャ・コス島

img_3c38f762796bda6cda208c85517762f7247636

 

 

 

 

 

中東の難民の人たちは本当に辛い目にあっているので、助けてあげたいのは、ギリシャの人たちだってやまやまです。

でも、大量に日々押し寄せる人たちを保護するには、

受け入れ設備の整備、食事の供給、衛生面の確保、治安の確保・・・

とにかく、カネと人がいります。

今、ギリシャだって経済は破綻して、難民たちに割ける予算は限られています。

結局、島の人たちの善意に頼る形になってしまうと、彼らの中にも不満が高まります。

人口3万の島の人たちが、数千人の難民の方たちを支えるのは、やはり難しい。

というか、ギリシャ自体が今、そんな余裕がないのが現状です。

これを解決するためには、やはり国際社会の助けが不可欠ですので、早い対応を心から望みます。

エーゲ海に点在する島々、私も訪れたことがありますが、普段は実にのんびりしていて、ギリシャの人たちも基本的にはとても旅行者に親切です。

でも、難民の方達の大量流入で、その雰囲気がささくれだっていきそうで・・・

早くこの問題が解決されて、島々がのんびりした日常を取り戻してくれることを願っています。



-ギリシャの基本情報, ギリシャの政治, ギリシャ観光
-, ,

Copyright© 日本でもギリシャ , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.