日本にいても大好きなギリシャを楽しむために、ギリシャ旅行、ギリシャ神話、ギリシャ語、ギリシャの歴史、ギリシャの人々について紹介していきます

日本でもギリシャ

ギリシャの基本情報 ギリシャ美術

ギリシャ鼻

更新日:




139904 / Pixabay

どうも〜イレーネです。

多くの方達が子供の頃、テレビや美術館などで、古代ギリシャの彫刻を目にする機会が多くあったと思います。

自分イレーネもそんな一人。

でも、ずっと、「この彫刻って、何か変だ・・・」と思ってました!

本日は、どうしてそう思っていたのか、その謎についてお話ししますよ〜!

「ミロのヴィーナス」の何かがヘンだ?!

そう、例えばですね、

美の結晶、

ミロのヴィーナス!!

ふう〜、美しいですね。

どっからどう見ても、非の打ち所がありません!

今でもギリシャ彫刻の傑作として、多くの人々に愛されている一級品です!

・・・でも、な〜んか、変じゃありませんか?

子供の頃の私は、この美しいお顔をしげしげ眺めて、

何か変だ・・・

と思っておりました。

そして、違和感の正体を突き止めました。

それは、ココにあったのです!

そうです、変ですね、ココ。

変じゃありませんか?

もし、変と思わなかったら、↑の画像をもう一度よく見てください。

私たちの顔と徹底的に違うトコロ!!

そう、それは・・・

おデコと、鼻の筋が、同じ高さでつながっているんです。

もう一度言います。

おデコと、鼻の筋が、同じ高さでつながっているんです。

フツーの日本人だと、たいがい、おでこから一度目のところで低くなって、それから鼻が再び隆起していますよね。

それなのに、このミロのヴィーナス像では、一度低くなることがなくて、おでこからそのままの高さで鼻の筋につながっているんですよね〜

だから、こんな鼻の形をしている人を、子供の頃の私は見たことがなかったので、

「彫刻家の人が、目のところで低くなっているのを、削り忘れたんじゃないか・・・」

と疑っておりました。

まさかの彫刻家のうっかりミス?!

だと思っていたわけですよね〜

「削り忘れ」なんて、あるわけないじゃないか!

と大人になった今だから言えますが、子供の頃は結構本気で「削り忘れ」じゃないかと思ってました!

うっかりミスじゃなかったよ!

そして時を経て・・・

大人になった私はついにギリシャの地へ足を踏み入れます。

飛行機を乗り継いで、遠路はるばるやってきたアテネの街。

すると・・・

おお!!!

なんと!!

ギリシャの街中で生きているギリシャ人を大勢見ると、

あの「おデコと鼻の筋が同じ高さでつながっている」顔が、そこらじゅうにいたのです!!

そう、彫刻家は削り忘れちゃったんじゃなくて、写実的に描いていたの。

当たり前だ、そりゃ。

「削り忘れ」なんてするわけないわ。

こんなふうに、おデコと同じ高さの非常に高い鼻梁の鼻は、俗に

「ギリシャ鼻」 (Greek nose)

と呼ばれる、ギリシャ人の特徴的な鼻だそうです。

行ってみるまで知らなかった。

大人になった私はこうして、子供の頃の疑問を解消することができたのでした。

しかし、この高〜い鼻、やはりどうしても、思ってしまう

「視界の邪魔になりそうだ・・・」

だって、考えてもみてください。

横目で右や左を見るたびに、確実に鼻が視界に入ってきます。

日本人の低い鼻だと、ほとんど見えないけどね。

だから邪魔じゃないの?! それ?!

まあ、生まれた時から鼻が見える暮らしをしている人たちは、不便は感じないと思いますが。

というわけで、ギリシャに行ってみて一番最初に受けたカルチャーショックは、こんなことだったんでした!

言われてみると、有名なギリシャ人の方達みんな、こんな立派な鼻をお持ちですわよ!

「20世紀最高のソプラノ」マリア・カラス様とかね!

ギリシャの大女優

イレーネ・パパス様だって、素晴らしい鼻をお持ちです!

ギリシャ彫刻で有名に

しかし、この高くて筋の通った特徴的な鼻、

諸ヨーロッパ系の人たちでも、ここまで鼻梁がまっすぐおでこに直結するタイプって、なかなかいないので、貴重です。

とはいえ、もちろんこんな立派なギリシャ鼻じゃないギリシャ人も多いです。

逆に、スペインやイタリアの人でも、こんなふうな特徴的な鼻の人たちも結構います。

それでも、これがギリシャ人の特徴として有名になったのは、

やっぱり世界に名をはせる古代ギリシャ美術の影響みたいですよ!

「ミロのヴィーナス」ももちろんですが、そのほかの古代ギリシャ彫刻で顔が残っているものは、たいがいこの特徴的な鼻を持っているんですよ〜。

こちらのルーブル美術館所蔵のアルテミス女神像も、やっぱりこの鼻ですよね!

139904 / Pixabay

ということで、これがギリシャの人たちの特徴として、広く認識されるようになったらしいです。

しかし!

現在のギリシャの人口(およそ1000万人)を考えると、このヴィーナスのような鼻を受け継いでいくのは、大変かもしれません。

東京都の人口とそんなに変わんないですからね!

それは小さいですよ、ギリシャって。

それを考えると、ギリシャ鼻、消滅の危機かな〜

と思うと寂しくもなるのですが、古代ギリシャ彫刻の世界が残っている限り、この「ギリシャ鼻」の証は残っていくわけですからね!

今でも自分は、彫刻などでこの高〜いギリシャ鼻を見ると、子供の頃の記憶もあいまって、

とっても「ギリシャらしい」と思ってしまうのでした!

これを読んで気になった方は、ぜひ、古代ギリシャ彫刻の名作などを見比べてみてくださいね〜

*この記事に興味を持った方は、こちらもどうぞ!!

ギリシャの宗教

ギリシャの言葉

ギリシャについて、日本人が実は知らない3つのこと



-ギリシャの基本情報, ギリシャ美術
-,

Copyright© 日本でもギリシャ , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.