日本にいても大好きなギリシャを楽しむために、ギリシャ旅行、ギリシャ神話、ギリシャ語、ギリシャの歴史、ギリシャの人々について紹介していきます

日本でもギリシャ

ギリシャの基本情報

ギリシャの通貨

更新日:




さて、ギリシャの基本情報として押さえておきたい

ギリシャで使われている通貨

一体何かご存知ですか?

ギリシャ国民だけじゃなくて、ヨーロッパ、そして我々旅行者にも欠かせない

世知辛いギリシャのお金の話!

ここでご紹介します!

ギリシャの通貨は「ユーロ」!

さて、それでは

ギリシャで使われている通貨

のお話ですが、意外と日本の人では知らない人も多かったりする! なぜ? とは思うけど、まあそれくらい遠い国でもあるわけです。

正解は・・・

「ユーロ」!!

そうなんですよね〜、ニュースでもご存知の通り、ギリシャは欧州連合(EU)に加盟しているので、

2002年から通貨は共通の「ユーロ」を使用しています!

ま、でもこれもご存知の通り、ギリシャは経済がよくないですので、

もうユーロ圏から離脱すべきだ!

いや!そうじゃない!残留だ!

と議論が紛糾しているところでもありますよ!

この通貨については経済の専門家でも諸説あるところですし、日本の多くの人たちもそれぞれ色んな意見があるでしょうから、一概にどうすればいいか、簡単に言いにくいところはありますよね。

そんなあーだこーだの議論が繰り返されているわけですが、2002年に通貨を統一して以来、現在までずっと「ユーロ」を使っていますよ。

「ユーロ」圏から離脱はあるの?!

さて、そんなわけで・・・

経済危機にありながらも、ギリシャは EU の通貨である「ユーロ」をずっと使用しています。

しかし、これだけ経済が危機的な状態が続いていますので、

もう「ユーロ」圏から離脱したら?

という議論ももちろん絶え間なく存在するわけです。

で、実際どーなの?

本当に離脱するの?

って多くの方達が気になるところだとは思うのです。

ま、以下は私の個人的意見ですが、かるーく読み流していただければと思うのですが・・・

ギリシャは2002年に正式にユーロを導入しています。

しかーし!

このユーロに加盟する段階から、他のユーロ加盟国に比べて、経済が弱すぎるんじゃないか、という議論は随分あったわけなんですよね。

ギリシャは人口およそ1100万の小国です。産業といったら、観光と農業くらい。

それがドイツ・フランスのような大国と、同じ価値の通貨を持つ、って無理なんじゃないか?

という至極当然な反対意見はあったんです。

しかし!

文化的にはヨーロッパ諸国はギリシャに多くを負っているわけですから、一つのヨーロッパを実現するのにギリシャは外せない、という心情的な部分もあり・・・

そして、2004年にアテネ・オリンピックもあったし、オリンピック景気でなんとかなるんじゃないのか? 的なノリで加盟に至った面もある気がします。

つまり、最初から怪しい船出だった。

だから今やっぱり難儀してても、まあEU諸国は初めから分かっていたことなんじゃないでしょうかね。

そういうわけで、私個人はギリシャはユーロから離脱することは無いんじゃないかと思っていたりします。

なぜって・・・

初めから無理な加盟で、

無理なまま10年以上やって、

今も無理だけど、

要するにずっと無理なわけですから、

今更やっぱり無理でした、

って話でもない気がするからです。

ですから、

ギリシャは EU のユーロ圏残留以外はない!

という結論になりますね〜

それ以外の選択肢は、あまり現実的ではない。

それに、ここでギリシャが離脱したら、どうなる?

その他の経済的に厳しい国々、ポルトガルやスペイン、イタリアもボロボロ離脱していくことになるんですかね?

それは実質的にユーロ崩壊ですから、やはり独・仏ともに食い止めにかかるのはやむを得ない。

と、思わざるを得ないわけです。

まあ、まだギリシャの経済は完全に危機を脱したわけではないですから、今後もどうなるか、動向に注目ですね。

もし離脱したらどうなるの?!

ま、そんなわけで、ギリシャはユーロ圏残留一択しかない!と思うのですが、

もし、万一ですよ?

ギリシャがユーロから離脱したら?

一体どうなるのか?

それはおそらく、ユーロ以前に使われていた通貨

「ドラクマ」が復活することになるでしょう!

この「ドラクマ」っていう通貨はどういうものなのかと言うと・・・

古代ギリシャ・ローマ期に流通していた、ギリシャの由緒正しき通貨の単位です。

かのソクラテスや、アリストテレスだって、「ドラクマ」を使っていたわけですよ!

歴史の重みを感じるじゃあないですか。

その後ギリシャはローマ帝国に下ったりして時は流れ・・・

19世紀に近代ギリシャが独立国家として船出することになります。

その国家設立にあたって、「ドラクマ」が通貨として復活!

それはユーロが導入されるまでギリシャで流通していました。

今、ギリシャの街頭インタビューなどを見ると、ユーロ反対派と残留派で意見が分かれていますが、反対派の意見としては、

「ユーロは離脱して、ドラクマに戻ればよい。」

と主張しているわけです。

では、現実にユーロをやめてドラクマに戻るか?

となると、国際信用性のないドラクマに戻るのは、それはそれで経済はまた大変になるでしょうね。

びっくりするような通貨価値の下落?

とんでもないインフレ?

ちょっと想像しても、恐ろしい結末が待っているような気もします。

あるいは、

ユーロ圏だけど、通貨は独自通貨(ドラクマ)

という道もありなのかな?

とも思いますが、イギリスがポンドでそれをできたのは、通貨の力が全然違うから比較にならないですよね〜

となるとやはり、ドラクマ復活はとてもじゃないけど、現実的には無理でしょうね!

でも、そうなるとちょっと寂しい気も・・・

だって、古代からの通貨「ドラクマ復活!」って夢があるじゃありませんか!?

ソクラテスだってドラクマ使っていたんですよ?!

とはいえ、夢では経済は動かないのだ。ははは。

世の中、金ですよ、カネ!

ギリシャの通貨の行方に注目!

というわけで、

ギリシャで使われている通貨

は、EUの統一通貨である

「ユーロ」ですよ

というお話でした!

経済的にはギリシャは大変ですが、離脱か?と言われながらも今でも「ユーロ」を使用しています。

当分これで行くしかないんじゃないかな?

でも古代の通貨「ドラクマ」に戻るのも、それはそれで興味がある!

何と言っても、由緒正しいギリシャの通貨ですからね!

ひょっとして、今ギリシャがユーロで行き詰まっているのは、

「ちゃんとドラクマ使えよ!」

という先祖の呪いかも??

ちなみに、ギリシャ人は、

「ユーロ」とも発音することができません。彼らは

「エブロ」

と発音します。

やっぱり、同じ「ユーロ」使うのは無理、って先祖の呪いかも~・・・

お金って、なくてはならないものだけど、色々大変なんだな、ってお話でした!

*この記事に興味を持った方は、こちらの記事も合わせてどうぞ!

ギリシャについて、日本人が実は知らない3つのこと

ギリシャの宗教

「ヴィーナス」と「アフロディテ」ってどう違うの?



-ギリシャの基本情報
-

Copyright© 日本でもギリシャ , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.